予防メンテナンス

予防歯科

毎日しっかり歯みがきをしているはずが、むし歯になってしまった……。なぜそんなことになるのでしょうか。

歯みがきだけでは予防できない

ご自宅での歯みがきをしっかり行うことはとても大切ですが、それだけではお口の汚れを完全に除去できません。むし歯をしっかり予防するためには、日頃のケアだけでなく歯科医院でのプロによる定期的な予防処置が必要です。当院では、治療だけでなく予防のためのメンテナンスのアドバイスも行っています。お口の健康を維持したい方は、お気軽にご相談ください。

なぜ定期的な予防処置が大切なのか

むし歯は初期段階では痛みも違和感もほとんどありません。そのため、気づかないうちに進行します。そして、痛みに気づいてから歯科治療を行うと、どうしても歯を削らなければならないため、歯にダメージを与えることになってしまいます。こうした状況を防ぐために大切なのが、「予防」なのです。

予防歯科のメリット

お口や全身の病気予防

ご自宅で行う歯みがきなどのケアだけでは汚れを除去できず、少しずつ溜まった汚れが、むし歯や歯周病を引き起こす原因になります。予防歯科を受けることで、健康で清潔な口腔内を維持し、むし歯や歯周病を防ぎましょう。歯周病と関連する全身の病気の予防にも繋がります。

治療費や時間の軽減

歯の痛みに気づく頃には、むし歯はかなり進行しているものです。そこから治療となると、歯を大きく削らなければなりません。しかし、予防を続けていれば初期の時点で発見できるため、歯を削る量を抑えることができ、治療費も治療時間も少なくて済みます。

爽やかなお口で過ごせる

予防歯科でのメンテナンスを受けることで、歯みがきだけでは体感できない爽快感を得ることができます。また、汚れをすみずみまで除去できるため、口臭予防にも役立つなど、最善の口内環境を保つことができます。

当院の定期検診メニュー

定期検診

定期的にご来院いただいて、むし歯や歯周病の有無や口腔内の状態などをチェックするほか、専門的なクリーニングも行います。

 

PMTC

歯科医や歯科衛生士による専門的な歯のクリーニングです。歯みがきでは除去できない汚れを取り除いて徹底的にキレイにして、フッ素を塗布することでむし歯を予防します。

 

ブラッシング指導

正しい歯みがき方法は、歯並びや口腔内の状態によって異なります。ブラッシング指導では、患者さまのお口の状態をもとに専門家の視点から正しいみがき方を指導します。

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

正しい噛み合わせができているかを確認します。噛み合わせにズレがあると歯みがきがしづらくなり、そこに汚れが溜まって病気を引き起こすことがあります。
 

生活習慣の指導

生活習慣の指導

生活習慣の指導

普段の生活習慣は、むし歯や歯周病の発生に大きく関連します。歯みがきのタイミングや食事の方法など、問題となる部分について指導し、根本的な改善を目指します。
 
 
噛み合わせチェック

正しい噛み合わせができているかを確認します。噛み合わせにズレがあると歯みがきがしづらくなり、そこに汚れが溜まって病気を引き起こすことがあります。

生活習慣の指導

普段の生活習慣は、むし歯や歯周病の発生に大きく関連します。歯みがきのタイミングや食事の方法など、問題となる部分について指導し、根本的な改善を目指します。

定期検診

定期的にご来院いただいて、むし歯や歯周病の有無や口腔内の状態などをチェックするほか、専門的なクリーニングも行います。

 

PMTC

歯科医や歯科衛生士による専門的な歯のクリーニングです。歯みがきでは除去できない汚れを取り除いて徹底的にキレイにして、フッ素を塗布することでむし歯を予防します。

 

ブラッシング指導

正しい歯みがき方法は、歯並びや口腔内の状態によって異なります。ブラッシング指導では、患者さまのお口の状態をもとに専門家の視点から正しいみがき方を指導します。

 

噛み合わせチェック

正しい噛み合わせができているかを確認します。噛み合わせにズレがあると歯みがきがしづらくなり、そこに汚れが溜まって病気を引き起こすことがあります。

 

生活習慣の指導

普段の生活習慣は、むし歯や歯周病の発生に大きく関連します。歯みがきのタイミングや食事の方法など、問題となる部分について指導し、根本的な改善を目指します。

 

お家でのケア 

適切なケアには、自分自身に合った歯ブラシや歯みがき粉を選ぶことが重要です。当院では、歯ブラシや歯間ブラシなどの選び方をアドバイスいたします。

自宅でのケアをもっと効果的にするために

虫歯や歯周病を予防するためにもっとも効果的なのは、適切なケアを毎日続けることです。「歯みがきなら毎日ちゃんとしている」という方がほとんどだとは思いますが、たまに歯医者さんに行くと「プラーク(歯垢)や歯石がついている」と言われてしまう方は多いのではないでしょうか。これは、適切なケアができていない証拠です。
適切なケアには、自分自身に合った歯ブラシや歯みがき粉を選ぶことが重要です。こちらでは、久喜市の歯医者「はなデンタルクリニック」が、適切なケアグッズの選び方をご紹介します。

歯ブラシの選び方⇒ヘッド

歯ブラシの毛の部分「ヘッド」が大きすぎると細かな部分がみがけなくなるため、毛束は横3~4列、縦幅は上の前歯2本分ほどのものを選びましょう。

歯ブラシの選び方⇒毛の硬さ

「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3種類がありますが、歯ぐきに何の問題もなければ「ふつう」を、歯ぐきに炎症がある場合などは「やわらかめ」。「かため」は歯ぐきを傷つけてしまうこともあるため、あまりおすすめしません。

歯ブラシの選び方⇒毛の種類

おすすめなのは衛生的で硬さも適切な、一般的なナイロン製のものです。

歯ブラシ以外のケアグッズ

デンタルフロス

歯と歯の間をみがくための、糸状のケアグッズです。非常に狭い場所でもしっかり掃除ができます。

歯間ブラシ

歯と歯の間をみがくための、ブラシ状のケアグッズです。歯と歯の隙間が大きい場合は、こちらを使います。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、埼玉県久喜市にあるはなデンタルクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 0480-24-0000.png
  • WEB予約はこちらから
staff staff blog